ANAを使う学生におすすめの最強クレジットカードを徹底比較してみた

アイキャッチANA 交通系クレカ

ANAに乗る学生なら、ANAでお得になるクレジットカードを持っておくのがベストです。使い方によっては学生のうちに、無料で海外旅行に行けるだけのマイルが貯まることもありますよ!

逆に知らなかったらもったいないです!早速紹介していきます。

学生でもマイルのことちゃんと知ってる?

悩む女性

これからマイルという言葉が出てきますが、マイルのことをあまり知らない学生さんはここで知識をインプットしておきましょう。

まず、マイレージやマイルって何者かよく分かりませんよね。同じじゃないの?と思っている学生さんも多いと思います。それは半分正解で半分間違っています。

マイレージというのは、簡単に言うと航空会社のポイント制度です。

一方でマイルはそこで貯まるポイントのことです。

各航空会社がそれぞれ独自でマイレージのシステムを持っているので、マイルと一口に言っても、ANAのマイルであったり、JALのマイル、デルタ航空のマイルなど様々あります。

マイルってどうすれば貯まるの?

ゼミ長
ゼミ生

知ってるよ!マイルは飛行機に乗ったときに貯まるんだよね。飛行距離によって貯まるマイル数は変わってくるんでしょ!

よく知っていますね!そうです。基本的にはマイルは飛行機に乗ったとき、飛行距離に合わせて貯まります。

しかし、マイルが貯まる経路はそれだけではありません。実は日常生活でもマイルが貯まるのです。カードによりますが、直接マイルが貯まったり、貯まったポイントをマイルに交換することができます。昼食をコンビニに買いに行ってもマイルが貯まるのです。

そのように飛行機に乗らないでマイルを貯める人のことを、『陸マイラー』って呼んだりします。

マイルってどう使えるの?

マイルをたくさん貯めても、何に使うかがわからなければ全く意味がありません。

マイルはどう使えるのかを知っていますか?主に使用先は2つです。

  • 特典航空券に交換
  • 座席のグレードアップに利用

特定航空券とは?

マイルで交換できる飛行機のチケットのことをなぜか特典航空券と言います。

マイルは旅行の飛行機チケットに交換出来るのです。ANAのマイルを特典航空券に交換したときのレートはこんな感じです

大阪 6,000マイル
韓国 12,000マイル
中国 17,000マイル
シンガポール 30,000マイル
ハワイ 35,000マイル
ニューヨーク 40,000マイル
パリ 45,000マイル

全て、東京を出発し、ローシーズンに旅行するという前提です。マイル還元率が1.0%のカードなら、12,000マイル貯めるのに120万円利用する必要があります。学生のうちに貯めようとすると結構ハードルが高いです。

座席のグレードアップにもおすすめ

特定航空券の他にも、普通に購入した飛行機の座席をグレードアップするためにも利用可能です。

12,000マイルから、ビジネスクラス、ファーストクラスへのグレードアップが可能なので、学生のうちにいい旅をしたい方にはおすすめです。

1マイルっていくら?マイルの価値とは

特定航空券などと交換できるこのマイルは1マイルいくら分の価値があるのでしょうか。

マイルの価値を解説します。マイルは交換する対象にもよりますが、だいたい1マイル=3~5円分といわれています。

先ほどの航空券に交換する例でいうと、高ければ高い航空券であるほどマイルの交換レートがよくなります。大阪までの航空券だと1マイル=3円程ですが、ニューヨークまでの航空券なら1マイル=5円程で交換できます。

学生がANAでお得なクレジットカードの3条件

ANAの飛行機

カードを紹介する前に、ANAを利用する学生におすすめ出来るクレジットカードの3つの条件を共有しておきます。

  • マイルが貯まりやすい
  • マイルが使いやすい
  • サービスが充実している

条件1 マイルが貯まりやすい

1つ目の条件はマイルが貯まりやすいことが挙げられます。

100円で1マイルが貯まる還元率、マイルの還元率が1.0%を超えるとマイルが貯まりやすいカードと言えるでしょう。

条件2 マイルが使いやすいこと

ポイントをマイルに移行するタイプのカードもありますが、その場合マイルへの移行手数料がかさんだり、マイルが貯まっていても使いにくいと、便利にカードを使いこなすことが出来ません。移行手数料が安いところが望ましいです。

また、マイルの有効期限も大切です。マイルはそこそこ貯めないとお得に交換出来ません。たまにしか海外旅行に行かない学生は、たくさん貯まる前に期限が切れてしまうこともあります。有効期限が3年以上あるのが望ましいです。

条件3 サービスが充実していること

クレジットカードによっては、マイルが貯まるお得要素以外にも、旅行関連で充実したサービスがついていることがあります。例えば、帰国時に手荷物を自宅まで届けてくれるサービスがあったり、空港のパーキング代が割引になったりするものがあります。

その様なサービスがついていると、いつもの海外旅行がもっと楽に楽しくなること間違いなしです。

ANAでお得!学生におすすめのクレジットカードランキング

お待たせいたしました!学生がお得な条件に合ったANA用のカードを紹介します!

学生ランキング小表紙

1位 圧倒的なANAJCBカード〈学生用〉

ANAJCBカード学生

ANAカード〈学生用〉の基本情報
年会費 学生のうちは無料(通常)
ブランド JCB
マイル還元率 1.0%
海外旅行保険 最高1,000万円
マイル有効期限 最後の利用月から36ヶ月

マイルキャンペーンが豊富なことで有名なこのANAカード(学生)!

入会・継続で1,000マイル、搭乗ボーナスマイルも10%増量、還元率が1.0%になる10マイルコース(1,000円→10マイル)も無料でついてきますし、大学を卒業したら、5,000マイルプレゼントされます。学生なら早めに作っておき、一回でも海外に行き、生活費もANAカード(学生)で決済すれば、卒業までに韓国に行けるだけのANAマイルが貯まるでしょう。

学生用のANAカードブランドで違いがある

実はANAカードのブランドはJCB以外にもVISA、MasterCardを選択することができます。しかし、VISAやMasterCardを選択した場合は5マイルコース(1,000円→5マイル)のコースになってしまいます。10マイルコースにするには、別途6,000円が必要になります。

JCBではそれが無料搭載なので、マイルの貯まりやすさからいうとJCBにしておくのがおすすめです。

実質の年会費は8,000円?!

ANAJCBカードの説明をしてきましたが、ANAのカードって通常2,000円の年会費がかかります。それが学生に限り無料で利用できます。

さらに先ほどの10マイルコースは通常6,000円のオプションなので合計すると8,000円分の年会費のカードということになります。これを学生は無料で利用できるのです!激アツですよね。

レンタカー、パーキング割引あり

さらに、その他のサービスとしてレンタカーの割引もおこなっています。

オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、ハーツレンタカー、トヨタレンタカーなどを5%OFFで利用することができます。

他にも成田空港のパーキングが割引になります。

詳細はこちら

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の基本情報
年会費 2,000円(初年度無料)
ブランド JCB
マイル還元率 0.5%
海外旅行保険 最大1,000万円
マイル有効期限 最後の利用から36ヶ月

ANA To Me CARD PASMO JCBは、空(飛行機)でも地下(地下鉄)でもお得に使えるカードとしてソラチカカードと呼ばれています。

年会費は2,000円かかりますが、毎年の継続で1,000マイルもらえるので帳消しすることができます。

さらに名前の通りPASMOが付帯しているので、定期をこのカード1枚で済ませられたり、電車代でも2重にポイントが貯まったりとお得です。

学生におすすめなのは圧倒的にANAJCBカード(学生)

振り向く女

いかがでしたか?

ANAでマイルを貯め、お得に海外旅行をしたい学生なら圧倒的に『ANAJCBカード(学生)』がおすすめです。実質8,000円分の年会費のカードですからね。

ちなみにマイルを貯めたい学生におすすめのクレジットカードはこちら!
▶▶大学生必見!マイルがめっちゃ貯まるクレジットカード厳選比較!

今月のおすすめクレジットカード
1位 JCB CARD W

「JCBの本気」
ステータス・ポイント・旅行保険の三拍子揃ったJCBの最強クレジットカード!スタバで実質5%OFFも見逃せない!

2位 ビックカメラSuicaカード
「ゼミ長のメインカード」 Suicaの超便利なオートチャージが無料!しかもポイント3倍!JRの定期券でもポイント3倍!
交通系クレカ海外旅行
stadminをフォローする
学生クレジットカード比較ゼミ