マイナンバーカードはクレジットカード申込の本人確認書類になるの?

クレカとマイナンバーアイキャッチ 基礎知識

クレジットカードを作る際には、本人確認書類が必要になりますよね。

運転免許証やパスポートがある方はそれを使用すればいいですが、大学生になりたての場合はそうもいきません。

それらの身分証明書を持っていない場合はマイナンバーカードの取得がおすすめです。

今回はマイナンバーカードとクレジットカードの関係についてご紹介します。

そもそもマイナンバーカードとは

マイナンバーカード(個人番号カード)とは、住民の申請により無料で交付されるプラスチック製のカードのことです。マイナンバーカードにはマイナンバーや個人情報が記載されているほか、ICチップ内に電子的に個人を認証する機能を搭載しています。

マイナンバーカードはマイナンバーと身元の確認が一枚でできるので、老若男女問わず申請・使用ができる顔写真付き身分証として注目を集めています。

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請方法として、郵送やパソコンのほか、スマートフォンや証明用写真機でも顔写真を撮影すれば申請することができます。

個人番号カードと通知カードは別物

マイナンバーを記載している他のカードとして、マイナンバーの通知カードがあります、コチラは何もしなくても自宅に届くもので、「あなたのマイナンバーは何番です」と通知するためのカードです。

通知カードと個人番号カードは別物であるということ、これは絶対覚えておいてくださいね!

通知カードにもマイナンバーは記載されていますが、ICチップが搭載されていなかったり、顔写真が載っていなかったりするので、身分証として使用できることは少ないようです。

クレジットの身分証明書にマイナンバーは使える?

マイナンバーカード

マイナンバーカードは本人確認書類として利用できるのか、まずクレジット協会が定める本人確認書類をチェックしてみます。

クレジット協会が定める本人確認書類とは?

日本クレジット協会が公的証明書を挙げています。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 住民基本台帳
  • パスポート
  • その他、官公庁から発行された。氏名、住所、生年月日の記載があるもの

マイナンバーカードは、最後の官公庁が発行した書類に入ります。といっても、カード会社によってはマイナンバーカードを本人確認書類と認めていないところもあります。

ブランド別に使える、使えない!

結論から言うと、JCBは使えます。

しかし、三井住友やライフカードでは利用できません。

個人番号カード(マイナンバーカード)は一部のカード会社でしか使用できません。さらに前述したように通知カードは身分証として使用することが出来ません

マイナンバーカードは通知カードと異なり、住所や生年月日などの個人情報が全て表面に記載されているため、身分証として使用できるというのが二種類のカードの大きな違いの一つで、顔写真はさして重要ではないようです。

マイナンバーは重要機密情報

またクレジットカード会社にマイナンバーカードを身分証として提出した場合でも、クレジット会社にマイナンバーを知らせる必要はありません

身分証として必要なのは住所や氏名なので、マイナンバーを知らせる必要はないようです。

逆にクレジットカード会社側からしても、マイナンバーは余計な情報で、情報流出した際にさらなる被害の拡大に繋がってしまうので、マイナンバーを欲しがっているわけではないのです。

みなさんが普段マイナンバーカードを扱う場合も、番号を不用意に漏らさないように注意しましょう。

マイナンバーがクレジットカードの審査に影響する?

みなさんご存知のように、クレヒスがよくないとクレジットカードの審査に通らない場合がありますよね。

そこで噂としてあるのが、「マイナンバーカードに個人情報としてクレヒスが登録されて遅滞歴がバレて審査に落ちる!?」といったもの。

ですが、個人情報確認書類の種類によって審査基準が変わるということはありません
そもそも、カード会社は指定信用情報機関からクレヒスなどの情報を得ているため、遅滞歴の有無は最初からわかっているわけです。

しかしこの先、マイナンバーカードのICチップ内にさらなる個人情報が埋め込まれて、クレヒスの基準などが変化する場合もあるので現在のクレジットカード等の返済を滞らずにしておくことに越したことはありません

マイナンバーにクレジット機能がつく可能性も?

マイナンバーカードにはICチップが搭載されていて、ICチップの空き容量は他の民間企業も含めて様々な用途に使用できます。

そのため、マイナンバーカードのICチップにクレジットカードの機能がつくという可能性も低くありません。マイナンバーカードとクレジットカードやキャッシュカードが一体化されれば、マイナンバーカード一枚で現金を引き落としたり、クレジット決済を行ったりできるようになるという未来も予測出来ます。

海外ではすでに実例もあります!

ナイジェリア

ナイジェリアではマイナンバーカードにマスターカードと提携したクレジット機能を搭載したカードの発行がすでに開始しています。ナイジェリアのマイナンバーカードは生体認証(指紋や虹彩キャプチャの提出が必要)機能を持つ身分証明カードで、普及を広めるためにマイナンバーカードを取得しなければ選挙で投票ができなくなるという方策をとる予定のようです。

大統領が最初にクレジット付きマイナンバーカードを発行することで、その普及を促しているようです。

このようにマイナンバーカードとクレジットカードを一体化させる動きは海外でもみられ、キャッシュレスを目指したマイナンバーカードの普及は行政的にも促したいようです。

マイナンバーカードとクレジットカードの今後に注目!

マイナンバーカードは現在導入されて間もなく、また民間企業側も顧客のマイナンバーを厳重に保護するセキュリティシステムを作らなければいけないのでまだ民間のICチップの活用等、その普及はそこまで進んでいないように思います。

しかしながらマイナンバーカードは国民全員が持つことができるカードなので、ICチップの使用法など、これから身分証以外の使用法が広がることは間違いありません

日本は国際的に見ればキャッシュレス後進国と言われていますが、マイナンバーカードの普及によってキャッシュレス化が急速に広まる可能性もあります。

今度のマイナンバーカードとクレジットカードの動向には目が離せません

今月のおすすめクレジットカード
1位 JCB CARD W

「JCBの本気」
ステータス・ポイント・旅行保険の三拍子揃ったJCBの最強クレジットカード!スタバで実質5%OFFも見逃せない!

2位 ビックカメラSuicaカード
「ゼミ長のメインカード」 Suicaの超便利なオートチャージが無料!しかもポイント3倍!JRの定期券でもポイント3倍!
基礎知識
stadminをフォローする
学生クレジットカード比較ゼミ