学生はみずほマイレージクラブカードのどれを選べばいい?おすすめ4種類を徹底比較

みずほマイレージクラブカードアイキャッチ クレジットカード一覧

学生のみなさん、みずほ銀行はご存知ですよね

それでは、みずほマイレージクラブカードはご存知ですか?

学生のみなさんがみずほ銀行口座を開く際、みずほマイレージクラブカードを発行すると絶対お得なのです!

この記事では、学生の皆さんに向けて、みずほマイレージクラブカードの種類やメリットなどについて紹介していきます。

みずほマイレージクラブカードとは?

みずほ銀行と言えば、安心のメガバンクですね。
すでに口座を持っている学生さんも多いでしょうし、職場から求められてみずほ銀行の口座を作ろうとしている、などの学生さんもいらっしゃるでしょう。

そんなみずほ銀行が発行するみずほマイレージクラブカードとは一体どんなカードなのでしょうか。

そもそもみずほマイレージクラブとは?

まず、みずほマイレージクラブについて紹介します。

みずほマイレージクラブは、利用者の取引状況に応じて「うれしい特典」を利用できる入会金・年会費無料のサービスです。

入会するとクレジットカード一体型のキャッシュカードが発行でき、ATM時間外手数料無料やコンビニATM手数料無料、振込手数料無料、カード発行手数料無料といった特典を利用することができます!

学生は好みにあわせて種類を選ぼう

みずほマイレージクラブカードには、全部で6種類あります。
そのため、学生の皆さんのニーズに合ったカードを選べることができるはず!

しかも、ゴールドカードを除くそのすべてが年会費無料
そして、クレジットカードとキャッシュカードが一体型になっており、財布の中をすっきりさせることができます。

ここでは、その中で学生の使いやすい4種類のカードを紹介します。

マイルが貯まる!みずほマイレージクラブカード/ANA

みずほマイレージクラブカードANAは、みずほマイレージクラブとANAマイレージクラブカードが一枚に合わさったクレジットカード。国際ブランドはMasterのみです。

ポイントは永久不滅ポイントが1000円に1ポイントずつ貯まります。1ポイント5円分なので還元率は0.5%。その名の通り有効期限がないのが特徴です!

ANAマイレージクラブカードとしての機能も

また、ANAマイレージクラブカードとしての機能も持っているので、ANAグループの航空便の利用や、提携しているサービスの利用でマイルが200円に1マイルごと貯まります。
カード決済することで同時にポイントも貯まるため、ポイントとマイルの2重取り

ちなみに、楽天Edyの利用でポイントではなくマイルが貯まるというサービスもあります。
しかし、みずほマイレージクラブカード/ANAにおける楽天Edyサービスは2019年4月以降に送られるカードから廃止となってしまいますので、注意が必要。

また、永久不滅ポイントからANAマイルに交換するときも、100ポイント=350マイルとこのカードならではの高レートで交換できます。他のみずほマイレージクラブカードでは200ポイント=600マイルからなので、20%弱お得になっていますよ!

オートチャージも!みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaは、その名の通りSuica機能がついたみずほマイレージクラブのクレジットカードです。国際ブランドはVisaのみです。

このカードはSuicaのオートチャージにも対応しており、しかもポイントも貯まります!

現金で支払う必要のないオートチャージは、使ってみるとその便利さがわかりますよ。

貯まるポイントは同じく永久不滅ポイントで、還元率は0.5%。ポイントをSuicaチャージに利用できるのもこのカードならではです。

また、セゾンカードなので毎月第1・第3土曜日に西友・リヴィンでの買い物が5%OFFになります。

海外旅行傷害保険つき!セゾンアメックスベーシック

セゾンアメックスベーシック券面画像

セゾンアメックスベーシックは、アメックスなのに年会費無料で使うことのできる珍しいクレジットカードです。

よく海外旅行に行く学生さんの場合は、このカードがおすすめ。

最高1000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯してきます。国内旅行での傷害保険は付帯しませんので注意してください。

また、セゾンSuicaと同様、セゾンカードなので第1・第3土曜日は西友・リヴィンでの買い物が5%OFFになります。

電子マネーも使える!みずほマイレージクラブカードTHE POINT

みずほマイレージクラブカードTHE POINT

みずほマイレージクラブカードTHE POINTはその名の通り、ポイント還元率1%なのが最大の特徴。ブランドはMasterとVisaです。

他の発行元はクレディセゾンですが、このオリコが発行しています。

他にカードを持っていないという場合にはこのカードを発行し、メインカードとして使う選択肢もありですね。

また、iDQUICPayの2つの電子マネーが自動で付帯してくるのもメリットです。

ただし、他のカードと違い、このカードのポイントはオリコポイント。そのため、取得後12ヶ月で失効してしまうので注意してください。

マイレージカードは学生でも申し込める?

多種多様な種類があるみずほマイレージクラブカードですが、果たして学生でも申し込めるのでしょうか?

銀行系だが審査は厳しくない!

上記で紹介したすべてのみずほマイレージカードに学生であっても申し込み可能です。「銀行系のカードは審査通るのが難しそう」と思う方もいらっしゃるかもしれません。たしかに、イオンカードやオリコカードなど、流通系のクレジットカードに比べると厳しい傾向にあります。

しかし、学生の審査に関しては変わってきます。

実家に住んでいてアルバイトなどを始めている学生ならほとんど審査は問題ないでしょう。理由は若者を「将来の優良顧客」と見ているからです。

学生に嬉しい!みずほの学割

みずほの学割

みずほマイレージクラブには、みずほの学割という学生向けサービスがあります。

こちらも年会費無料で、申込みはWebでの登録とインターネット残高照会への登録のみ。

学生に嬉しい特典を複数利用できますよ!

みずほ銀行のATMで、時間外手数料が無料になる

みずほの学割を利用すると、みずほ銀行のATMでの時間外手数料が無料になります。

夜に突然お金が足りなくなったという場合でも手数料かからず利用できるので、学生に嬉しい特典ですね。

コンビニのATMで手数料が月4回まで無料になる

お金が足りないという場合に、銀行のATMを探しに行くのって大変ですよね。

そんなときに助かるのが、コンビニATM。そんなコンビニATMでの手数料が、みずほの学割ならば月4回まで無料になるのです。

みずほ銀行本支店宛ての振込手数料が無料になる

学生さんであっても、まれに銀行振込で代金を支払うこともあるかもしれません。

そんなときにみずほ銀行本支店宛ての振込手数料が無料になるのはありがたい特典ですね。

メガバンクで安心のみずほマイレージカードを手に入れよう!

以上、みずほ銀行が発行するみずほマイレージクラブカードについて紹介してきました。

キャッシュカードと一体型であることからも、全体的にあくまでみずほ銀行の利用に付属してくるクレジットカード、というイメージですね。

そのため、サブカードとしてどの特典が自分に合うかということを考えるのがおすすめ

年会費も無料で、そのほかATMが使いやすくなる特典もついてくるということで、みずほ銀行を利用している学生さんはぜひみずほマイレージクラブカードを申し込みましょう

今月のおすすめクレジットカード
1位 JCB CARD W

「JCBの本気」
ステータス・ポイント・旅行保険の三拍子揃ったJCBの最強クレジットカード!スタバで実質5%OFFも見逃せない!

2位 ビックカメラSuicaカード
「ゼミ長のメインカード」 Suicaの超便利なオートチャージが無料!しかもポイント3倍!JRの定期券でもポイント3倍!
クレジットカード一覧
stadminをフォローする
学生クレジットカード比較ゼミ